2011年02月09日

温州みかんだけではないんです

食べるのが待ち遠しいです。
続きを読む

2010年09月18日

ピリリと辛い葉だいこん

IMGP1178.JPG

祖父の名前で地元のグリーンセンターに「葉だいこん」を出品しています。
モノとしてはダイコンと同じですが、葉が適度な大きさになった段階で、
若いうちに収穫します。
成長はものすごく早く、1〜2週間程度で食べやすいサイズになります。

かいわれ大根のようなほどよい辛味が特徴です。
サラダなどで食すのがオススメです。
私はドレッシングなどなにもつけずに食べています。
(ドレッシングをかけると、そちらの味で辛味が弱まってしまうので)

2010年08月04日

青みかん

みかん収穫は冬なので、まだまだ果実は熟していないのですが、
今の季節は未成熟の果実「青みかん」の状態です。

IMGP0159.JPG

この青みかんですが、豊作などで果実量が多い場合は、摘果を行って
果実量を減らします。(今年は果実の量が多くないので摘果なしです)
摘果した青みかんは廃棄されます。もったいないです。

この青みかんですが、ちょっと調べた限りでも、高い栄養価があり
サプリメントの原料にもなるほどだそうです。

ヘスペリジン(ビタミンP)は毛細血管の強化、コレステロール値の調整、
アレルギー体質改善、抗がん作用等の効用があるそうです。

シネフリンはみかんの酸味成分で、のど風邪に効いたり、脂肪代謝促進の
効果もあるそうです。

 ※出典:Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘスペリジン
  http://ja.wikipedia.org/wiki/シネフリン

そのほか、青みかんを原料としたサプリメントを紹介しているサイトも
多く見受けられました。
そういったサイトには、「青みかんを入手するのは難しいですが、
このサプリならば...」みたいな売り文句が散見されました。
みかん農家からしてみたら、青みかんなんて売り物になってないから、
こういった需要があるならぜひぜひ提供したいと考えています。

来年提供を目指し、効用の調査と、真偽の判断、はたまた食べ方飲み方
など考えて、情報と合わせて商品提供できればと思います。
ご期待ください。

2010年07月28日

みかん暦

温州みかんの栽培工程をご紹介します。
(植樹、植え替えなどは割愛しています。樹が成長している前提です。)

 3月中旬:剪定 無駄な枝葉などを切り落とし、成長しやすくします。
 4〜5月:摘花 果実ができない花を落とし、効率よく果実ができるようにします。
 6月:剪定
 7〜9月:摘果 果実が多すぎる場合、葉50〜60枚に果実2〜3個程度になるように果実を落として数量調整します。
 10月下旬〜11月:収穫(早生) 早生みかんの収穫をします。
 12月:収穫 通常のみかんの収穫をします。
 11月、12月収穫後:選別 果実をサイズ毎に選別し、箱詰めします。

忙しくなるのはやはり収穫時期である冬ですね。
豊作ならば大量のみかんが採れますので、私はあまりみかんに手が出ません。
でも、収穫しながら休憩でとりたてを食べるとおいしいですよ。

ご興味のある方はみかん狩りなんていかがでしょうか?
準備はしようと思っていますので、希望あればあらかじめ連絡いただきますと大変うれしいです。
正式アナウンスは後日あらためて行います。

2010年07月10日

作物リスト

うちで作っている作物についてご紹介します。

・みかん
うちのメイン商品です。
主に温州みかん(普通のこたつみかんってやつですね)を作ってます。
ほどよい酸味としっかりした甘みで、味は自信があります!
時期は通常は12月、早生は10月下旬〜11月頃です。
その他、夏みかんやはっさく等もあります。こちらもおいしいですよ〜

・米
今のところは家庭内消費分を生産しています。
少しは販売できると思っていますが、本格的な販売は今のところあまり考えていません。
よほどのブランド、味でないと売れないと思っていますので...

・野菜
ジャンルが広すぎて漠然としてますが、時期によっていろんなものを栽培しています。
7/28現在、確認済みの作物は下記です。
 ・ブルーベリー
 ・ゴーヤ
 ・ナス
 ・キュウリ
 ・トマト
 ・ししとう
 ・ピーマン
 ・オクラ
 ・ほおづき
 ・かぼちゃ
 ・瓜
 ・小玉スイカ
 ・ネギ
 ・落花生
 ・栗
 ・レモン
 ・みょうが(自生)
 ・里芋
これらを継続しつつ、新しいものや珍しいものも作っていけたらと考えています。


近日中に作物カレンダーをご紹介できればと思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。